エブリィバンDA64V-8

準備

予定どおりなら今週中に解体屋さんから今度使うエンジンが来ます。ただ、そこの解体屋さんは使わないエンジンを下取りとして持ってくる事を前提にして、安い金額でエンジンを売ってくれるので、バラしたものを大まかに組んでいきます。

このエンジンはバルブ本体が破損する場合もあるので、ダメージのない箇所は予備として外しておきます。#1番、#3番のIN、EXのバルブキャップまで外しておきます。よくよくみると、3番のEXバルブキャップが入るとこにカジった跡があります。やはり距離を走ったエンジンはいろんなとこがくたびれているようですね😢

自分の足は余計でした💦 で、古いガスケットも戻してヘッド本体をブロックへ戻します。

カムシャフト、チェーン、ガイドにテンショナーを組み付けます。

今度はフロントカバーをつけますが、その前にスタンドから別の作業台へ移しておいて、じゃまならすぐに移動できるようにしておきます。後々はIN、EXのマニホールドも戻さないと場所が取られすぎるので、面倒でも並行してこの作業はやっておいた方がいいですね。

そしてチェーンブロックとスタンドを、工場の中央付近のポジションへ移動。解体屋さんからエンジンが来たら、この場所で軽トラからスタンドへセットするためです。作業全体からするとこれでようやく半分ぐらいまできました😅 近日中にはオーダーした部品も揃うのであとはエンジン待ちですね。今回はここまでです。