バモスHM1-再来7

ベースエンジン

IMG_0740

依頼主の親戚の兄さんから連絡が入り、解体屋で待ち合わせてエンジンを引き取ってきました💦 車両から降ろされて間もないようで、クラッチが焼けた香ばしい臭いがプンプンしてます😅

IMG_0741

工場の中ほど、西側の梁の部分へチェーンブロックをかけられるように準備はしてあったので、この場所でスタンドへセットすることにしました。

IMG_0742

 

よく使う手ですが、車両から切り取ったシートベルトを利用してエンジンやミッションを吊り上げる方法です。6気筒のエンジンでは怖いですが、3気筒の660ccエンジンなら楽勝で持てます。使ったあとはキープしてもいいし、廃棄してもいいし、解体屋さんからするといいリサイクルパーツ、といったところです。

IMG_0743

エンジンスタンドへ載っけて、使える状態にする作業へと移ります。フライホイールを見ると今では珍しいM/Tがついていたエンジンだったようですね。走行距離は不明、中の状態は少し開けて見ればわかるので、消耗品の発注と並行して作業を進めていきます。今回はここまでです。