グロリア430-4

左リヤパワーウインドウ修理 前回に紹介したレギュレーターアーム、ギヤの付いているパーツの先端にあるボールジョイント状の突起に上の画像の白いブッシュを組みつけ、画像上のレールの中を摺動させてガラスを上下させる仕組みのようで …

続きを読む グロリア430-4

グロリア430-3

左リヤパワーウインドウ修理 まずは内張りを外して、保護のビニールまで取ります。このビニールなんかも当時のままですね。この時点で感動してます🥺 上の画像が内張りで下が保護のビニールです。内張は、上下に2分割 …

続きを読む グロリア430-3

グロリア430-2

外付けの燃料ポンプです。前のオーナーが交換したと言ってましたが、今回の不調のチェックのため、少し場所を変えてみようと思います。不調の原因はポンプ側ではなく、タンク側でした💦 ポンプとタンクの間のホースを抜 …

続きを読む グロリア430-2

グロリア430

引き取り、入庫 以前からお世話になっている親戚の兄さんから、L型ターボのグロリアがあるんだけど買わないか?という話がきました。車格からしてA/Tであることは間違いないと思い、自分はやめましたが、ナンバー無しのハコスカを所 …

続きを読む グロリア430

作業台の補修

キャスター交換 以前に作ったものですが、中古も使用していたためか2個調子が悪くなり、どうせ換えるなら全部やっちゃえ!で4個とも取り替えとなりました。子供の頃から家にあったものだと思いますが、雨水を貯めるためにあったのかな …

続きを読む 作業台の補修

ハイゼット保冷車5

各部組み付け このバルブコッターツールは当時けっこう値のはる物でした。エンジンの種類と扱う人のウデにもよりますが、ヘッドをブロックから抜かなくてもバルブステムシールの交換ができる!とのうたい文句で売られてました。自分は1 …

続きを読む ハイゼット保冷車5

ハイゼット保冷車4

組み付け開始 吸気と排気バルブを開閉させるカムシャフトをヘッドへ固定するホルダーです。フロント側から番号順に並んでいるのですが、その数字が汚れで見えない😵カムシャフトはここまで酷くなかったですが、ホルダー …

続きを読む ハイゼット保冷車4

ハイゼット保冷車3

ヘッド清掃、歪み測定 ヘッドの燃焼室側の汚れをスクレッパーやクリーナー、砥石にサンドペーパーなどを使ってきれいに取り除きます。その後、ストレートエッジ、直角の鉄の定規みたいなものを載せてシックネスゲージの0.05mmで測 …

続きを読む ハイゼット保冷車3

ハイゼット保冷車2

エンジンバラし 今度のは同じS200Pというモデルの初期のタイプで、EF-SEという型式のシングルカムのエンジンが搭載されています。当初から人気のあったエンジンですが、他のメーカーがツインカムエンジンを商用車にも使い始め …

続きを読む ハイゼット保冷車2